カスタマイジング プロボックス内装張替え

Customizing

車の修理参考例

■仕事で使用していた車なので中がかなり汚れています、遊び用の足に使うので内装をリフレッシュです


荷室がかなり汚れています
仕事用に使用していたプロボックスを今度は遊び用の車にする為内装をリフレッシュ
今回は天井、ピラー、フロントドア、荷台フロアー、フロントシート

最初に天井を張り替える為、ピラー類をすべて取り外し天井を
車外に出す事から始めます。

    

          

国産の自動車の場合ほとんどが
このタイプの天井です。
はがれている事はめったにありませんので、この上から布地を
張り付けます。

この天井の材質はやや毛羽立っている材質の天井材ですから
最初にボンドを全体に散布しボンドを一度染み込ませて固めると
布地を接着させる時のボンドが染み込まないので完璧な接着が出来ます。
        

張り付ける布地の裏にも一度染み込み防止の為ボンドを塗るとボンドが染みこまなくなる為必ず下塗りは必要です。
天井に塗った染み込み防止用のボンドが完全に乾燥したらもう一度天井と布地にボンドを塗り前後の中心を決め張り込んで行きます。

ボンドは乾燥が速いので一度塗っているから接着するだろうと
思うのは禁物です、張り付ける部分部分に何回も再スプレーを
行い確実な接着を行います、確認の為に引っ張って接着状態を確認する事も重要です。
特に凹凸部分は確実に接着致しましょう。


表が張り上がった状態、きれいに凹凸の部分が張れているのが判ります、しかしどのような布地でもこのように簡単に張れる訳ではありません”最近ご要望の多いアルカンターラなどは布地自体に伸びはありませんのでバイザー部分の凹凸、取っ手部分の凹凸などはきれいに張る事は不可能に近いと思って下さい今回使用した布地は車両用のニット内装材ですので布地自体に伸びがありきれいに張る事が可能な訳です。
このように伸びのある布地を使用する事により、凹凸部分がしっかり接着しているのがお解かりになると思います。

最後に余った布地を裏に2センチほどまくって接着して
完成です。
完成全体

取り外したピラー類も同じ布地で張替えます。
下地処理はしっかりと行いましょう。
(ピラー張替え参考例を参考にして下さい)

張替え完了
伸びの有る布地を使用するとこのようなピラーでも1枚で張り替える事が可能です、ぜひチャレンジして下さい。

≫前のページに戻る