ベンツ ゲレンデのサンシェード サンルーフ ピラー 張替 参考例 カスタマイジング

Customizing

車の修理参考例

        ゲレンデのサンルーフのサンシェードとAピラーの張替え参考例です

          今回張替えに使用した布地はスポーツニットのウレタン無しを使用しました。


張替えに使用する布地により、布地に方向性の有る布地
有りますので、どのように布地を使うか、パーツを布地の上に
並べて、カットラインを、出します。

布地をカットしたら、下塗り用のボンドを塗り、乾燥させます、
布地は、ボンドを吸い込みますので、下地のボンドを塗り乾燥させ、接着時のボンドが染み込まないように、皮膜を作る役目が
あります
、かなり重要です。

   張り替えるピラーにも下地用ボンドを塗ります

        接着用にボンドを再度スプレーし接着します    

純正のピラーに張られている布地は剥がれていない場合、
無理に剥がさず、その上から布地を張ります。
純正の布地を無理に剥がすと、大変な事になります。

 ピラーと、張替え用布地に再度、接着用にボンドを塗り
接着して行きます。
  サンシェードの純正表皮はそのまま使用します       張替え用の布地に下塗りボンドを塗る

サンシェードの純正表皮はそのまま使用するので、下地用ボンドを、しっかり塗り、吸い込み防止を図ります。

張替え用布地にもしっかり、下地用にボンドを塗ります。

      サンシェードの張替え

             サンシェード張替え

純正表皮をサンシェード本体に戻し、ボンドを再スプレーし布地を、張りこんで行きます、下地用にボンドを1度塗ってある為
再スプレーした時には吸い込みが無い為、強力な接着が得られます


下地用にボンドを塗る事がかなり重要な事が作業を繰り返して行くと、良く判ります、布地は、ボンドを吸い込む為、下塗るを
しないで、接着すると、ボンドが部材に染み込んでしまい、強力な接着が得られない事が良く判ります。
接着が弱く、剥がれた場合、又脱着からのやり直しとなります。

          張替え完成             使用する布地     

サンシェードはともかく、ピラーは同じ色、同じ素材でなくとも
宜しいのでは無いでしょうか?純正自体、天井と、ピラーの色が
違っている車両は、沢山あります。

サンシェードを張り替える場合、多くのサンシェードは
スライド機能がある為、厚みの有る、ウレタン着きの布地では、スライドに問題がある場合があるので、現状の
サンシェードの布地の厚みを参考に、張替えに使用する、布地を選択します
               

≫前のページに戻る