VW ティグアン天井張替参考例                              

Customizing

車の修理参考例

■                   VW ティグアンの天井張替参考資料


  ティグアンの天井張替えです、張替えに使用する布地は Dライトグレー 3ミリ厚を使用致しました。
   この布地は伸びが有りかなり施工性が良い布地となります、使用長さ2.2m使用


この天井は前側と取っ手4箇所の凹凸部分が難関部分です。
それ以外の場所は問題なく施工可能な天井形状です。
純正の表皮とウレタンをきれいに取り除き、全体に下地用ボンドを塗り一度乾燥させ、ボンドの染み込みを止めます。

張替え用布地裏、ウレタン側にも、下塗りでボンドを塗ります、
布地ウレタン側の下塗り用ボンドも、乾燥させることにより、皮膜を作りボンドの染み込みを防ぐことが出来ます。

     シワのよる部分

         半分張り終えた

天井ボードと、布地中心に印を付け、片側づつ張って行きます

決して凹凸部分を無理に押し込む事の無いよう施工します

物入れ凹凸部分は穴の中心部分に切れ目を入れる事により
伸び代が増え、張り易くなります。
             残り半分の施工                残り半分の施工

残り半分を張る場合、スプレー缶ボンドだと、奥の部分にボンドを
塗る事が大変ですので、頻繁に張替え作業を行う場合はエアー式スプレーガンを使用すると自在にボンドの塗り方を変える事が
出来るのでお勧めです。

片側フロントセンター部分から凹凸にあわせ張って行きます

        全体を張り終えたら 

         取っ手裏側にボンドを塗りる     

シワが出たままで全体を張り終えたら、浮きが無いかの
確認をします、浮きがある場合は手の平で圧着するか
軽くヒートガンで熱をかけ圧着します。

シワが出てる裏側部分にボンドを塗り表のシワ部分を見ながら裏に接着するときれいにシワが無くなるのがわかります。
              取っ手部分のシワの消し方             完成

シワが無くなった事を確認します

新しい布地で張替えが完成です。

≫前のページに戻る