ジャガー XJ X350系 X308系 の天井張替 参考例 カスタマイジング

Customizing

車の修理参考例

    歴代のジャガーはもちろん2000年代の車両もルーフライニングが剥がれて来ます

          今回張替えに使用した布地は明るいベージュUタイプですまずは脱着の要領から


フロント中央部のランプユニット前側のピンを、下側に引っ張り外し、前にスライドさせユニットを抜きます
後は通常の脱着の要領で周りの部品を取り外します。

前後のシートと、センターコンソールを取り外します。
この部分はリアシートの座面の固定ロックです、指を
シートの、下から入れ解除します、4箇所あり

        リアシートの取り外し

           ハーネス部分の分解  

リアシート背面は画像に有る、バンドを強く引き背面裏側に有る、ロックを解除します、下側4箇所金具にはまっている為、上側に引き上げ、固定部を、抜きあげます。

 天井の後部ハーネスカプラはリアシートの裏にありますので後部Cピラーカバーを外し、シートベルト用ボルトを外します
         ハーネスカプラ位置            ハーネスカプラ位置

後部右側ルーフ配線用ハーネス(青色)

後部左側ルーフ配線用ハーネス(グレー)

          凹凸部分の張り方

            凹凸部分の張り方

各部品を取り外したら、天井を外に出し、下地処理を終えたら張替え作業に入ります、こちらの車両はフロントユニット部、取っ手部分の凹凸が大きい為凹凸部分はしっかりと接着して行きます

取っ手凹凸部分などは、必ず凹凸にあわせ張り込んでから、外側にシワを逃がしながら張り込み致します。
         凹凸部分の張り方             裏側に接着 重要   
 
取っ手部分の張り方
   
表面が張り終えたら、裏側に回りの布地井を接着します
             シワの部分の接着              シワを逃がして接着
 
シワが集まっている部分も裏にまくって接着します。
   
シワの部分を裏側に引っ張り接着する事で、シワを取る事が可能です
        使用した布地の比較                 張替え完了
 
今回使用した布地は明るいベージュUを使用しました
   
張替え完了、このルーフライニングは裏に断熱材とハーネスが、ひっついている為、かなり重くなっていますので、取り出す場合や、車両に戻す場合は、2人で行う事が最善です。

≫前のページに戻る